FEATURE

PATTERN

 はっきりとしない天気が続くこの季節。いわゆる柄物で気分を上げるのもひとつの手。SOPHNET.やuniform experimentではチェックやドットをはじめ、それぞれのブランドのスタンダードともなっているバンダナやスター、あるいは今日的なゼブラなど、さまざまなパターンを使用したトップスを展開。単品使いでコーディネートのアクセントとして取り入れることはもちろん、アイテムによっては共生地のショーツとのセットアップも効果的。自分好みのパターンでスタイリングに彩りを加えては?  

 ふたつのパターンを掛け合わせたアロハシャツ。バンダナ柄部分はレーヨン混コットン、カモフラージュ柄部分はポリエステルのボディを使用し、軽やかな着用感と美しいドレープが特徴。同じ生地を用いたショーツと合わせれば、洗練されたリゾートスタイルが完成。カジュアルながらも大人っぽい仕上がりに。写真のカーキに加え、バンダナ柄メインのブラック、フラワー柄メインのネイビーを展開。


 ショートスリーブのボタンダウンシャツをギンガムチェック、ポルカドット、ピンドットという3つの柄でアレンジ。シンメトリーなパッチワークによって動きを与え、アクティブな印象をプラス。ブラックのワイドクロップドパンツ、レザーストラップサンダルとのミニマルなコーディネートでも、スタイリッシュなムードを漂わせるレギュラーフィット。カーキとブルーを組み合わせた別色も魅力的。


 レーヨンクロスを用いたオープンカラーシャツはやわらかな質感と涼感を備え、暑い夏にふさわしい着心地。ゼブラパターンとボックスシルエットを採用することで、モダンかつリラックスフィーリングにあふれた顔つきも併せ持つ。裾にあしらったキーアイコンがueであることの何よりの証し。他にホワイトベースのカラーバリエーションもあり。共生地のショーツとのセットアップもインパクト抜群。


 uniform experimentの人気モチーフのひとつ、スターパターンを採用したクルーネックトップ。今季はトリコロールカラーにアレンジすることで、よりポップなイメージに。コットンループバックスウェットのボディはソフトなタッチで吸汗性に優れ、これからの季節にもしっかり対応。ワイド&ショートなシルエットがショーツとのスタイリングをブラッシュアップ。ブラックとグレーの2色展開。